現役休学生がオススメする、海外インターン先を選ぶ3つのコツ

はじめに、

 

どうも、テストステロン侍です。

 

 

今回は、海外インターンを選ぶ際に、気をつけるべき事を3つにまとめました。

 

 

自分の経験談を踏まえているので、

 

 

インターン先を探す大学生はぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

1、有給インターンを選ぶべし

f:id:shin1110buri:20170907160859j:plain

 

海外インターンを選ぶ際に注意しておくべきこと。

 

 

それは、無給か有給かという事。

 

 

そして、可能な限り有給インターンに行く事をオススメします。

 

 

なぜなら、無給インターンの場合、放置状態になる可能性が大です。

 

 

あなたが会社のお偉いさんだと想像してください。

 

 

無料で雇っているインターン生に、そこまで丁寧に仕事を教えようと思いますか?

 

 

おそらく、ノーです。

 

 

一方で、有給でインターン生を雇った場合を想像してみてください。

 

 

会社側は給料を払っているのだから、できるだけ利益を出して欲しいと思いますよね?

 

 

その結果、放置状態はまぬがれます。

 

 

海外インターンで一番怖いのが、放置状態にされる事です。

 

2、営業インターンを選ぶべし

f:id:shin1110buri:20170907160954j:plain

 

インターンの業務内容としては、様々なものがあると思います。

 

 

例えば、マーケティング、企画、営業などですね。

 

 

この中でも、営業をインターンをオススメします。

 

 

なぜなら、営業のインターンの場合、英語を使う場合が多いですし、

 

 

今後のビジネススキルに直結しているスキルだと思います。

 

 

どうしても、マーケティングをしたいという人は、

 

 

会社をしっかり選びましょう。

 

 

どの様な業務をこなすか、

 

 

はっきりわかっているところに行くのが良いでしょう。

 

 

3、外国人も働いている環境か確認すべし

f:id:shin1110buri:20170907124858j:plain

これも、その人の希望によると思うのですが、

 

 

海外インターンしたい人のほとんどは、外国人と一緒に働く経験をしてみたいと

 

 

思っていると思います。

 

 

なので、そこをしっかり確認しましょう。

 

 

日系企業で日本人しかオフィスにいなかった場合、

 

 

外国語を使うチャンスを活かしきれていないと言えるでしょう。

 

 

以上が、僕が海外インターンを選ぶ際に実施した3つのコツです。